TOPページ > リラックス

有限会社リラックス
所在地 〒 730 - 0801
広島市中区寺町2-22
電話番号 (代表)082-296-0400
担当者 総務部
郷原 実代
種別 高齢者通所
高齢者訪問
高齢者その他(居宅介護支援事業所)
障がい者通所
障がい者訪問
障がい者その他(相談支援事業所)
その他(小規模保育・訪問看護)
職員数
250人
平均従事年数
4年
県内の事業所
訪問介護事業所りらっくす
所在地 〒 730-0801
広島市中区寺町2-22
電話番号 082-296-0400
種別 高齢者訪問
障がい者訪問
訪問介護事業所りらっくす安佐南
所在地 〒 731-0138
広島市安佐南区祇園3丁目25-23 デュエリングビル202
電話番号 082-836-6203
種別 高齢者訪問
障がい者訪問
訪問介護事業所りらっくす五日市
所在地 〒 731-5126
広島市佐伯区新宮苑8-17
電話番号 082-208-2851
種別 高齢者訪問
障がい者訪問
訪問介護事業所りらっくす東
所在地 〒 730-8513
広島市東区温品5丁目2-22 オリエント森203
電話番号 082-824-8126
種別 高齢者訪問
障がい者訪問
児童デイサービスりらっくす
所在地 〒 733-0005
広島市西区三滝町12-18
電話番号 082-555-8350
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす中広
所在地 〒 733-0012
広島市西区中広町2-20-6
電話番号 082-961-5940
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす中広西
所在地 〒 733-0012
広島市西区中広町2-14-17
電話番号 082-208-2378
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす大宮
所在地 〒 733-0007
広島市西区大宮1丁目17-17
電話番号 082-555-8788
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす緑井
所在地 〒 731-0124
広島市安佐南区大町東3丁目31-27 植田ビル2F-C
電話番号 082-870-0192
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす山本
所在地 〒 731-0137
広島市安佐南区山本1丁目17-17
電話番号 082-225-6173
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくすこころ
所在地 〒 731-3168
広島市安佐南区伴南1丁目9-5
電話番号 082-811-8260
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす佐伯
所在地 〒 731-5124
広島市佐伯区八幡東2-1-23
電話番号 082-929-7790
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす中央
所在地 〒 730-0844
広島市中区舟入幸町6-7
電話番号 082-533-7581
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす舟入
所在地 〒 730-0845
広島市中区舟入川口町12-5
電話番号 082-296-6141
種別 障がい者通所
児童デイサービスりらっくす府中
所在地 〒 735-0006
安芸郡府中町本町4-3-12
電話番号 082-546-9770
種別 障がい者通所
まちかどデイハウスりらっくす
所在地 〒 732-0033
広島市東区温品5丁目2-6
電話番号 082-824-8128
種別 高齢者通所
多機能型事業所りらっくす
所在地 〒 731-5126
広島市佐伯区新宮苑8-17
電話番号 082-208-2858
種別 障がい者その他(就労継続支援事業所B型、生活介護)
居宅介護支援事業所りらっくす
所在地 〒 732-0023
広島市東区中山東3-2-4
電話番号 082-280-0824
種別 高齢者その他(居宅介護支援事業所)
相談支援事業所りらっくす
所在地 〒 733-0005
広島市西区三滝町12-18
電話番号 082-555-8350
種別 障がい者その他(相談支援事業所)
訪問看護ステーションりらっくす
所在地 〒 731-5126
広島市佐伯区新宮苑8-17
電話番号 082-208-2853
種別 その他(訪問看護)
ちびっこハウスりらっくす
所在地 〒 732-0033
広島市東区温品5丁目2-6
電話番号 082-824-8129
種別 その他(小規模保育)

・私達は、仕事を通じて社会に喜んで頂けるサービスを提供します。
・私達は、仕事を通じて社会に選んで頂ける人材を育成します。
・私達は、仕事を通じて社会に満足して頂ける地域循環型事業を構築します。

平成15年、介護の仕事を0から立ち上げました。
介護の仕事で一番大切なことは何か?それは「想い」だと思っています。
目の前の利用者さんに対する「想い」です。介護の仕事は、特に「常に利用者さんの目線、視点」で考え、行動することが大切だと思っています。
ともすれば、日々の忙しさの中で「慣れ」が出て、あってはならないことですが、「介護」が「作業」的に流れてしまい、そして、「想い」が感じられなくなってくると、必ず、利用者さんから見抜かれてしまい、厳しい指摘をいただくことになります。結果として、利用者さんが減っていきます。
事業所内に、「想い」の部分がしっかりと根づき、常に利用者さん個人の前向きな介護(サービス)の話題が事業所内で出ていれば大丈夫ですが、日々の忙しさに忙殺されて、利用者のことは二の次ぎで、自分たちの仕事の効率のことを優先し、「想い」が語られなくなってくるのが、怖いところです。
事業所もある程度広範囲に拡がり、各営業所を回る機会もそれほど多く取れなくなってきましたが、各事業所を回った際には、常にその「想い」の雰囲気があるかどうか、を気にしてアドバイスするようにしています。
スタッフ一人ひとりが「この人にこういう手助けをしてあげたい」という「介護の原点」を思い出し、常に「初心に返って」仕事に取り組んでもらいたいと思っています。
現在、24の事業所(施設)、約100名の社員、150名程度の、登録ヘルパーさんが「りらっくす」の仲間として働いてくれています。
なぜ、営業所を増やして、社員が増えていったのか。やはり、私は人が好きで、利用者さんが好きで、そして何よりイキイキと働いている社員の明るい笑顔が好きだと気付きました。
「りらっくす」で働いてくれる社員、登録ヘルパーさんの喜び、やりがいを第一に考え、気付いてみたら、こんな規模になっていました。
よく社員には、「仕事はにじみ出るようでないといけない」と言っています。
関係機関を走り回って営業するより、まず第一に利用者さんを大切にし、日々のサービスを大切にし、コミュニケーションをしっかり取って、常に気にかけていれば、それが事業所の信頼となり、関係機関の信頼につながり、自然と仕事は出てくるものだと思っています。
目の前の人を大切にし、そして毎日のサービスを、誠心誠意提供していくことこそ、介護の仕事の原点であり、利用者、ヘルパーの生きがいに繋がるものだと確信しています。

産休、育休を経て何もかも不安な中での職場復帰でしたが、子どもも社内の小規模保育園「ちびっこハウス」を利用することで些細なことでもその都度相談し、不安解消することが出来ました。
上司や同僚の支えもあるので、その密なサポートのおかげで親子共々助けられながら安心して働いています。
(児童デイサービス職員)

魅力ある職場宣言 宣言(取得)年月日 2015年10月20日
更新予定月 2017年10月
有効期限 2017年10月19日
宣言番号 MS00003
新規採用者の育成 [育成方針]
 2ヶ月間を研修期間として、新入社員の方々には会社の理念を伝え、仕事の内容や仕事をする上で必要な知識を研修会や勉強会、現場実習などで学んでもらいます。
また、その中で一社会人として、大人としてのルールやマナーも伝えていくように心掛けています。
 
仕事の一部分を伝えるだけでなく、福祉という仕事全体を知ってもらうことは、利用者様の子どもから高齢になるまで、その方の人生や生活を知ってもらうことになります。
その中の一部分で私達は役割を担っていることを伝えることで、先への見通しをたて利用者様に寄り添った支援ができるよう教育をしています。

[計画]
3月 新入社員研修(外部、一泊二日)
4月~5月 本社研修 → 各事業所研修
6月 配属先決定
7月 振り返り研修(社内)
   フォローアップ研修(外部)
9月 服務規程研修
10月 振り返り研修(社内)
1月 振り返り研修(社内)
新規入職者の採用実績及び定着状況 平成24年度:採用:18人、うち在籍:12人
平成25年度:採用:22人、うち在籍:16人
平成26年度:採用:7人、うち在籍:6人
直近3年平均の離職率 4%
キャリアパス制度の導入 正社員転換制度

業務一覧の提示・分担

評価制度(自己評価→二次評価→面談):社員対象
人材育成方針・研修等の実施状況
(主な研修名・内容など)
経営理念を基に、評価制度やまた役職毎にあった研修を行うことで
適切かつ迅速に主体性を持った社会に選んで頂ける人材の育成を目的としています。

[全社]
リーダー研修(管理者対象) 1回/月
接遇研修 1回/年
救命救急研修 1回/年
H27年7月外部の新入社員フォローアップ研修会に参加:入社1~3年の若手社員対象

[介護]
サービス管理責任者会議 1回/月
ヘルパー会議 1回/2ヶ月

[児童デイ]
児童発達管理責任者会議 1回/月
平成24年度:研修合計9回、参加者合計68人
平成25年度:研修合計49回、参加者合計477人
平成26年度:研修合計58回、参加者合計648人
人材育成を目的とした面談の実施 自己評価(基本行動評価、意欲・行動姿勢評価)
 ↓
二次評価(社長評価)
 ↓
評価結果を基にした面談
資格取得に対する支援 過去3年間の資格取得の支援を受けた人数:61人
支援内容:
介護福祉士実務者研修、相談支援従事者研修、児童発達支援管理責任者研修、福祉有償運転者講習、介護職員基礎研修、喀痰吸引等研修については受講料が免除

取得後は資格手当
給与体系又は給与表の導入 大学卒 170,000円
短大・高等専門学校(専攻科)・専門学校各種学校卒 165,000円
高等学校卒 160,000円

時間外手当、通勤手当、資格手当(介護職員初任者研修を除く)、職務手当等
採用情報 大卒初任給月額
(個別手当を含まず)
170000
賞与月数 0か月
10年後のモデル賃金月額
(個別手当を含まず)
210000~
説明 5年後に管理職を想定。
将来的にはエリアリーダー、業務推進といったより上位の職責に育成することを目標にしています。

上記の金額は基本給なので、これに役職手当をつけて本人の能力を評価する方針です。
休日制度・労働時間縮減の取組 年間休日日数 107日
休日制度等の特色 週休2日制(シフト制)
職員の福利厚生(独自制度) 401K企業型年金制度、互助会(慶弔)、音楽サークル(有志)、全社懇親会(年2回補助有)

産業医の設置、健康診断、ストレスチェック

託児補助、交通費、制服支給(3枚)
育児休業の取得実施 育児休業制度 あり
育児休暇取得者数
(過去3年間)
男性:0人、 女性:8 人

魅力ある職場づくりのための
自己点検ツールの実施状況等
実施年月 平成27年8月 (実施予定年月:0年0月)
具体的な実施状況 平成27年度の魅力ある職場づくりのための自己点検ツール(法人全体および事業所毎)実施
事業への参加状況 福祉のお仕事(無料職業紹介事業)への事業所・求人の登録
福祉の就職総合フェア(福祉・介護職場の就職面談会を含む)への参加
人事・採用担当者向けセミナーなどへの参加
福祉職場の魅力自慢コンテスト(事業所編)への参加
地域公益活動の取組 全社:広島市後援 夢FESTA(弊社主催チャリティーイベント)(H27年11月マリーナホップで開催予定)
   広島大学、広島国際大学の学生ボランティア参加

   西部支援センターまつり

就労:H25年「ピジョンフェスティバル」に参加
   H25,26年度「佐伯祭にきてみん祭」に出店(豚汁、手芸品等)
   H26年10月「皆賀園まつり」に出店
   

児童デイ:専門学校・大学の実習生受け入れ、地元の高校生ボランティア募集・受け入れ
     こころ団地まつり参加 

音楽サークル:H26年12月に市の身障者協会のクリスマス会で演奏、その他社内イベントで演奏
その他の評価、認証・認定制度や宣言等の有無 若者応援宣言企業
広島県仕事と家庭の両立支援企業登録

広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会

構成団体一覧はこちら

事務局

〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2
社会福祉法人 広島県社会福祉協議会 広島県社会福祉人材育成センター アクセスマップ
http://www.fukushikaigo.net/
tel.082-254-3415
close
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩1分
広島バス 横川駅~紙屋町(県庁前)~大学病院(23号線)
広島バス 広島駅~旭町(26号線)
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩3分
広島バス 三篠2丁目・横川駅~仁保車庫(7号線)
電停「比治山橋」より徒歩5分
路面電車 広島駅~宇品(比治山下経由・5番線)
バス停「大学病院入口」より徒歩10分
広島バス 横川駅~大学病院(比治山トンネル経由23-1号線)
広電バス 広島駅~大学病院(5号線)
ページTOPへ