TOPページ > 誠和

株式会社誠和
所在地 〒 722 - 0014
尾道市新浜1丁目9-22 第三堀田ビル
電話番号 (代表)0848-23-7134
担当者 総務部
中村 滋男
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
高齢者通所
高齢者訪問
高齢者その他()
職員数
264人
平均従事年数
4年
県内の事業所
きららラポール尾道
所在地 〒 722-0047
尾道市十四日町59番地8
電話番号 0848-24-2641
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
高齢者通所
きららラポール西御所
所在地 〒 722-0037
尾道市西御所町13番30号
電話番号 0848-21-4126
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
高齢者その他(サービス付き高齢者向け住宅)
きらら尾道デイサービスセンター
所在地 〒 722-0037
尾道市西御所町13番26号
電話番号 0848-20-0380
種別 高齢者通所
きらら新浜デイサービスセンター
所在地 〒 722-0014
尾道市新浜一丁目9番22号
電話番号 0848-38-1117
種別 高齢者通所
きららラポール桜並木
所在地 〒 722-0017
尾道市門田町1-39
電話番号 0848-38-2626
種別 高齢者入所(グループホームを含む)

人としての“尊厳”“意思”をなによりも尊重し、心からの介護を行います。施設よりも「我が家」である理念を持ち、ご入居者様の生活の質向上を目指し、歓びと満足のいく日々をお届けできるように努めます。ご本人の持てる力を最大限に発揮できるように根気よく見守り、話しかけ、さりげないサポートで自立を支援します。また、お一人おひとり個人の心身の状況に応じて、心のこもった、きめ細かな介護サービスを提供します。

当社は高齢者総合ケアセンター『きららラポール尾道』をはじめとする各種施設を尾道市内に運営するとともに、尾道、三原、福山・府中地区の県営住宅、尾道市営住宅の運営を、共同企業体の一員として指定管理者事業の選定を受けるなど、地元尾道の高齢者福祉、住環境等の充実に貢献することで、地域に信頼される企業を目指しています。

きららは、この街尾道で一番輝く存在でありたいと考え、日々取り組んでいます。その一例として、お伝えします。わたくしたちは、ご利用者様・ご家族様・地域の皆様・職員間すべてにおいて、どこよりも笑顔で明るくお迎えできます。ご利用者様を第一に考えた施設・設備はもちろんですが、心の通った空間を提供できるよう心掛けます。仕事以外でも「尾道みなと祭り・ええじゃんSAMSAがり」に毎年出場し、その打ち上げも200名を超える職員で盛り上がります。また、3年を経過した職員は海外旅行という福利厚生もあります。全員で、日々の仕事から、お互いに学びあい、各々では資格取得制度の活用でスキルアップを目指しています。福祉の職を考えられていましたら、是非一度職場を見に来てください。ご案内致します。これからの一番輝く『きららグループ』を一緒に築いていただける方よろしくお願いします。

魅力ある職場宣言 宣言(取得)年月日 2015年10月20日
更新予定月 2017年10月
有効期限 2017年10月19日
宣言番号 MS00004
新規採用者の育成 毎年、入社後に社外講師招聘による『ホスピタリティー研修』、尾道商工会議所主催の『新入社員激励大会・研修』に参加しています。
具体的業務・社内ルールについては、OJTによる教育を行います。
また、年間プログラムにより、各種新人研修(社外・社内)を受講していただきます。

新規入職者の採用実績及び定着状況 平成28年度:採用:60人、うち在籍:45人
平成27年度:採用:39人、うち在籍:32人
平成26年度:採用:83人、うち在籍:46人
直近3年平均の離職率 13%
キャリアパス制度の導入 職員にとって、自ら歩むべき道筋を描きながら、将来に向かって努力し、キャリアを積み重ねていただく制度として、平成28年度より新人事制度をスタートさせています。人事考課・職員処遇の他、研修プログラム、自己啓発の資格支援取得制度等、年間スケジュールにより制度化を図っています。介護職員処遇改善計画によるキャリアパス要件はすべてに合致しています。
人材育成方針・研修等の実施状況
(主な研修名・内容など)
職員の資質向上のため、実践的な研修を継続し、意識の啓発と職業能力の高い有能な人材を育成するため、職員のスキルアップ支援を積極的に推進し、職員が自主的に能力の向上に取り組める環境づくりに努めています。研修は部門別にテーマを設定し、外部研修参加や内部研修の実施により、全体のレベルが向上することを目指しています。
また、介護プロフェッショナルキャリア段位制度の導入、喀痰吸引資格取得制度による『認定特定行為業務従事者認定証』の交付、最新支援用介護ロボットの導入、タブレット端末等ICT化も積極的に行い、介護サービスとスキルの向上に取り組んでいます。
平成28年度:研修合計36回、参加者合計720人
平成27年度:研修合計36回、参加者合計720人
平成26年度:研修合計36回、参加者合計720人
人材育成を目的とした面談の実施 介護職員の成長は社業の発展に繋がるという信念のもと、平成28年新人事制度をスタートさせました。
知識・技術・実績等に基づいて、職員を処遇する新たな制度です。年間スケジュールにより、本人・上長・役職者の各評価による面談を行なうことで、全職員の目標と成果、さらに次のステップを目指せるよう取り組んでいます。
資格取得に対する支援 過去3年間の資格取得の支援を受けた人数:21人
支援内容:
資格取得支援制度として、取得資格の内容により資格取得費用の補助及び報奨金等を制度化。
資格取得に係わる情報を全職員に対して共有し推進。
喀痰吸引資格制度として、年間プログラム内で実施推進。
介護プロフェッショナルキャリア段位制度の導入。
給与体系又は給与表の導入 就業規則・賃金規定による。
平成28年新人事制度をスタートさせました。知識・技術・実績等に基づいて、職員を処遇する新たな制度です。
採用情報 大卒初任給月額
(個別手当を含まず)
184,000円
賞与月数 4か月
10年後のモデル賃金月額
(個別手当を含まず)
260,000円
説明 6等級例として基本給+役職手当+資格手当+処遇改善手当を試算
休日制度・労働時間縮減の取組 年間休日日数 108日
休日制度等の特色 子育てサポート企業として、厚生労働大臣による『くるみんマーク』の事業所認定を受けています。女性職員が仕事と子育てが両立できる環境づくりにも注力し、男女を問わず役職員一同、すべての職員が働きやすく活気ある職場環境づくりを目指しています。
職員の福利厚生(独自制度) ・資格取得支援制度 ・制服貸与制度 ・腰痛ベルト支給制度 ・介護支援用ロボットHAL導入 ・腰痛定期検診実施
・勤続3年毎経過の職員対象に、社員旅行を実施(海外・国内)
・尾道のお祭り『尾道みなと祭りええじゃん』に毎年参加(職員でチームを編成し、ええじゃんSANSAがりに出場)
育児休業の取得実施 育児休業制度 あり
育児休暇取得者数
(過去3年間)
男性:3人、 女性:12 人

魅力ある職場づくりのための
自己点検ツールの実施状況等
実施年月 平成29年8月 (実施予定年月:0年0月)
具体的な実施状況 療養型天然温泉付きららラポール尾道にて実施中。
事業への参加状況 福祉のお仕事(無料職業紹介事業)への事業所・求人の登録
福祉の就職総合フェア(福祉・介護職場の就職面談会を含む)への参加
人事・採用担当者向けセミナーなどへの参加
地域公益活動の取組 ①地域交流・・・各拠点地域のシティークリーニングへの参加。敬老会・夏祭り等で、地域の皆様や保育園・中学校との交流行事開催。社会資源の活用として日用品・衣類等の出張販売やくだもの・お菓子の出張販売受入。各地域神社の祭りへの参加等。
②ボランティア・・・音楽、踊り、マジック等多種慰問の受入。
職場体験・・・地域中学校・高等学校職場体験の受入。
③地域貢献・・・地域防災協定を調印、緊急災害時に地域との相互協力体制。
その他の評価、認証・認定制度や宣言等の有無 くるみんマーク
国土交通省『高齢者等居住安定化推進事業』選定施設

広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会

構成団体一覧はこちら

事務局

〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2
社会福祉法人 広島県社会福祉協議会 広島県社会福祉人材育成センター アクセスマップ
http://www.fukushikaigo.net/
tel.082-254-3415
close
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩1分
広島バス 横川駅~紙屋町(県庁前)~大学病院(23号線)
広島バス 広島駅~旭町(26号線)
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩3分
広島バス 三篠2丁目・横川駅~仁保車庫(7号線)
電停「比治山橋」より徒歩5分
路面電車 広島駅~宇品(比治山下経由・5番線)
バス停「大学病院入口」より徒歩10分
広島バス 横川駅~大学病院(比治山トンネル経由23-1号線)
広電バス 広島駅~大学病院(5号線)
ページTOPへ