いままでのイメージとは違って、「福祉・介護業界の今」はもっと面白い・面白くできる!
そのために県内各地で様々なワークショップを開催しています。

福祉・介護業界の現状

福祉業界の現状は、以下のようになっています。
「市場規模:7503憶円/労働者数:51270人/平均年齢:40.4歳/平均勤続年数:5.9年/平均年収:454万円」引用元:業界動向SEARCH.com
福祉・介護業界は、現在も伸び続けている業界で、新たな施設やサービス、組織が増えています。施設を運営したり組織を担ったりしていく人材がもっと必要です。業界を支える人材の確保や育成は、福祉・介護業界が抱える課題となっています。

福祉・介護もっと面白くできるはず業界の現状

福祉・介護業界の仕事は、ハードであるとか給料が安く離職率が高いのではないかというマイナスなイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしそれらは仕事内容をきちんと把握できていなためにイメ-ジだけで判断している場合もあります。
これからの福祉・介護業界は様々な垣根を飛び越え、『自分にできること』が福祉・介護の仕事に繋がることもたくさんあります。また新しいアイデアをどんどん出して、それらを実現・活用することで、今までのイメージが一新され、楽しみながら働ける環境を得ることができることでしょう。
固定観念に囚われた仕事ではなく、自由度の高い、「喜んでもらえる喜び」が得られる業界です。
これからの福祉・介護業界は、もっともっと、面白くできるはず!