TOPページ > 尾道さつき会

社会福祉法人尾道さつき会
所在地 〒 722 - 0042
尾道市久保町1786
電話番号 (代表)0848-37-7272
担当者 法人本部
川口 達也
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
高齢者通所
高齢者訪問
高齢者その他(地域包括支援センター、福祉用具貸与・販売事業所、居宅介護支援センター、老人介護支援センター)
障がい者入所
障がい者通所
障がい者訪問
障がい者その他(日中一時支援事業、相談支援事業)
その他(児童発達支援事業、放課後等通所事業、保育所等訪問事業、地域生活支援事業、在宅支援・外出支援事業、介護福祉士養成専門学校)
職員数
497人
平均従事年数
8年
県内の事業所
特別養護老人ホーム星の里
所在地 〒 722-0042
広島県尾道市久保町1786番地
電話番号 0848-37-7272
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
尾道サンホーム
所在地 〒 722-0231
尾道市木ノ庄町畑530
電話番号 0848-48-4070
種別 障がい者入所
障がい者通所
尾道さつき作業所
所在地 〒 722-0021
尾道市久山田町101
電話番号 0848-23-8004
種別 障がい者通所
ワークスさつき
所在地 〒 722-0212
尾道市美ノ郷町本郷1-142
電話番号 0848-48-5900
種別 障がい者通所
むかいしま作業所
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町6419
電話番号 0848-44-6460
種別 障がい者通所
すだちの家
所在地 〒 722-1563
尾道市御調町植野528-3
電話番号 0848-77-1122
種別 障がい者通所
児童発達支援センター あいあい
所在地 〒 722-0231
尾道市木ノ庄町畑530
電話番号 0848-40-0073
種別 障がい者通所
児童発達支援事業所 親子教室あいあい
所在地 〒 722-0051
尾道市東尾道5-14
電話番号 0848-56-0405
種別 障がい者通所
児童発達支援事業所・児童デイサービス スッカ
所在地 〒 733-0844
広島市西区井口台1丁目20-7
電話番号 082-533-7188
種別 障がい者通所
サポート&ケアセンター フレンズ
所在地 〒 729-0141
尾道市高須町1170-10
電話番号 0848-20-7270
種別 障がい者その他(グループホーム)
第1サルビア荘
所在地 〒 722-0215
尾道市美ノ郷町三成1809-13
電話番号 0848-48-0556
種別 障がい者その他(グループホーム)
第2サルビア荘
所在地 〒 722-0025
尾道市栗原東二丁目2-37
電話番号 0848-23-8801
種別 障がい者その他(グループホーム)
陽だまり荘
所在地 〒 722-1563
尾道市御調町津蟹29
電話番号 0848-78-0211
種別 障がい者その他(グループホーム)
第1むかいしま荘
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町5603-3
電話番号 0848-44-5578
種別 障がい者その他(グループホーム)
第2・3・4・5 むかいしま荘
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町8833-1
電話番号 0848-44-5578
種別 障がい者その他(グループホ-ム)
ヘルパーステーション 星の里
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1786
電話番号 0848-37-3141
種別 高齢者その他(在宅介護支援センター)
相談支援センター さつき
所在地 〒 722-0021
尾道市久山田町101(さつき作業所内)
電話番号 0848-23-8004
種別 障がい者その他(相談支援事業)
相談支援センター あいあい
所在地 〒 722-0231
尾道市木ノ庄町畑530(児童発達支援センター内)
電話番号 0848-40-0073
種別 障がい者その他(相談支援事業)
相談支援センター すだち
所在地 〒 722-1563
尾道市御調著j植野528-3
電話番号 0848-77-1122
種別 障がい者その他(相談支援事業)
相談支援センター むかいしま
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町6419
電話番号 0848-44-6460
種別 障がい者その他(相談支援事業)
相談支援センター サンホーム
所在地 〒 722-0231
尾道市木ノ庄町畑530
電話番号 0848-48-4070
種別 障がい者その他(相談支援事業)
尾道福祉専門学校
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1760-1
電話番号 0848-37-2222
種別 その他(介護福祉士養成専門学校)
地域密着型特別養護老人ホーム 星の里
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1856
電話番号 0848-20-7825
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
ケアハウス 星の里
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1786
電話番号 0848-37-7272
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
尾道市向島地域包括支援センター
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町5887-1 愛あいセンター
電話番号 0848-41-9240
種別 高齢者その他(地域包括支援センター)
星の里・にしざこの家
所在地 〒 722-0008
尾道市吉和町5116-1
電話番号 0848-21-3071
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
星の里 小規模多機能型居宅介護事業所
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1856
電話番号 0848-20-7823
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
星の里・山波の家
所在地 〒 722-0052
尾道市山波町277-1
電話番号 0848-56-1131
種別 高齢者通所
星の里・久保の家
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町2189
電話番号 0848-20-7601
種別 高齢者通所
星の里・今津野の家
所在地 〒 722-1562
尾道市御調町津蟹611-4
電話番号 0848-77-1100
種別 高齢者通所
星の里 短期入所生活介護事業所
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1856
電話番号 0848-20-7824
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
デイサービス しまの風
所在地 〒 722-0073
尾道市向島町5617-5
電話番号 0848-20-6736
種別 高齢者通所
星の里 居宅介護支援事業所
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1786
電話番号 0848-37-7277
種別 高齢者その他(在宅介護支援センター)
星の里 福祉用具貸与事業所
所在地 〒 722-0042
尾道市久保町1786
電話番号 0848-37-7277
種別 高齢者その他(福祉用具貸与・販売事業所)

【基本理念】社会福祉法人尾道さつき会は、保健・医療・福祉の連携に基づき障害児・者及び高齢者が安心して生活できる地域社会の実現を目指します。
 
この理念を実現し、利用者の自己実現が図れるように取り組むため、次の運営指針のもとに事業を進めています。

【運営方針】
・利用者にやさしく、人権を大切にします
・公正・民主的で、開かれた施設の運営に努めます
・利用者の期待に添ったサービスの提供に努めます
・利用者と職員が気軽に対話のできる場とします

社会福祉の現場は機械や設備で工夫できる部分が少なく、人がすべてです。
尾道さつき会が目指しているものは、利用者に満足していただけるサービスを提供することと、スタッフが安心して働くことができる職場を実現することです。
最近、福祉や介護の仕事に対して、マイナスイメージを持たれている方が少なくありません。でも、この仕事は極めて人間的で、意味のある仕事です。日々の現場では、利用者や家族の方と触れ合い、心から「ありがとう」という言葉を頂けます。また、地域社会で安心して働き続けることができるというのも、他の業界にない魅力だと思います。
そのことに加え、私たちの職場では新しい価値を生み出すことを大切にしています。
社会や人に対する思いを持った人が、共感する仲間と連携して社会福祉に新しい風を巻き起こすこと。それが私たちの夢です。
尾道市は瀬戸内を代表する風光明媚な街で、2015年には日本遺産に認定されました。この街には全国各地からいろいろな人がやってきて移り住んでいますが、この職場も同様です。そのような仲間と一緒になって魅力ある職場を創り、新しい福祉を実現しましょう。  
皆さんのエントリーを心からお待ちしています。

仕事もプライベートも両立。それが「笑顔」を生みだす秘訣です。
私は主に、利用者さんと一緒に作業活動に取り組んでいます。そこでは挨拶や作業態度など社会性の向上と、作業能力の向上を目指し支援しています。利用者さんが日々成長していく姿を見ると、この仕事を始めて良かったなと大変やりがいを感じます。また利用者さんも私も様々な失敗をしますがその都度、先輩職員に励まされ、利用者さんと一緒に反省しお互いに成長していくことができるのも、この仕事の楽しさです。
仕事の面だけでなく当法人は「職場風土改革促進事業」の取り組みや、週1回のNO残業デーの実施など、仕事と家庭の両立にも力を入れておりプライベートの充実が働きやすさの一つになっています。
また、サークル活動を通して法人内の職員とも活発な交流が図れています。サークル活動には様々な年代の職員が参加していますが、あくまでプライベートな時間のため、気兼ねなく和気あいあいと活動に取り組むことができ、心身のリフレッシュに繋がっています。そのため職場でもプライベートでも笑顔の溢れる人間関係を築くことができています。
皆さんも尾道さつき会で元気よく、明るい仲間と一緒に笑顔を増やしませんか?
(尾道さつき作業所 岡田朋樹)

魅力ある職場宣言 宣言(取得)年月日 0000年00月00日
更新予定月 0001年11月
有効期限 0001年11月29日
宣言番号 MS00001
新規採用者の育成 採用時の基礎研修として、まず法人の歴史や理念・運営方針を学びます。採用時の研修は概ね5日程度の日程で、事業方針、事業計画と予算、各種規程、社会人としての基礎的マナー等について各講師が輪番で担当して解説します。また研修の締めくくりには、一泊2日での泊り込み研修に参加、グループワークで自分の考えをはっきりと発信することの大切さを学び、他者の意見との調整を図りながらグループとしての意見にまとめていく過程をとおしてコミニュニケーション能力を高めるとともに、同期職員の連帯感を培う場とします。
基本研修の後は、所属部門の自主研修、研修成果の発表担当等と段階的に進み、プレゼン力の育成を図ります。
同様の研修は中途で採用した職員についても、秋ごろ1回、さらにその後の採用者には新年度採用職員と同時に研修会を実施します。この他、初任者に対するOJT研修では、エルダーによる個別指導や事業所別、部門別に実施される各種の実務研修をとおして、担当職の基礎対応力を身に着けてスムーズに業務になじんでいけるように計画的な研修制度にしています。
その後は、職位に応じて必要な能力を獲得できるよう外部研修への派遣、専門課程研修に参加してもらい、中堅職員として部下や後輩を指導できる能力の育成を図ります。
新規入職者の採用実績及び定着状況 平成27年度:採用:24人、うち在籍:22人
平成28年度:採用:16人、うち在籍:16人
平成29年度:採用:17人、うち在籍:17人
直近3年平均の離職率 7%
キャリアパス制度の導入 県社協によって開催される主要な研修科目を役割等級別の受講研修に位置付け、役割等級、職責・職務に該当する職員を選任して参加していただきます。
上位へ昇格する際は、これらの研修を受講していることも判定材料のひとつにしています。

人材育成方針・研修等の実施状況
(主な研修名・内容など)
事業所を横断的に実施する法人全体の研修、各事業所主体の業務研修、日常的なOJT研修、外部派遣研修等により、職位に応じた必要な能力を身に着けることができるように指導していきます。
また、県社協主催の職位別の研修会に法人から計画的に派遣をして、系統的な研修のもとでの育成にも努めています。
平成26年度:研修合計9回、参加者合計325人
平成27年度:研修合計37回、参加者合計999人
平成28年度:研修合計22回、参加者合計691人
人材育成を目的とした面談の実施 毎年度当初に前期分の目標を策定する面接を上司と行います。
この面接では、法人重点目標、部門目標、拠点の目標を踏まえて、等級別の職員目標の設定になるよう上司が指導をします。この過程をとおして自己の達成目標を自覚して、成長していけるように指導していきます。
期間満了時には職員、上司の面接で目標の達成度を確認します。併せて後期の目標を作成して、前期で達成できなかった課題を解決したり、さらに能力を伸ばしていくための取り組みを計画していきます。
次に後期末の面談では、後期の目標達成の状況について職員と上司が双方で評価をし、評価が異なる場合は達成度のすり合わせをして確定をします。また後期には、年間をとおしての職務の達成度についても同様に評価し、当年度の成長を職員と上司の双方が確認します。
こうした過程を経て、職員が自らの成長を自覚して次のステップを考えることができ、また上司は部下を指導する力を付けていくことになります。
この他に、若手職員の自主研修として毎月一回のペースで業務終了後に、社会人の基本的なマナーやコミュニケーション力を高めるための自主研修を開催、また夏季に全職場を参加対象にして発表会を開催しています。こうした会の運営は若手の職員が担当し、プレゼン能力の向上と運営していく力を育てるとともに職員の一体感を醸成していきます。

資格取得に対する支援 過去3年間の資格取得の支援を受けた人数:17人
支援内容:
異動や職員配置上必要な資格を取得することになった場合、あるいは該当業務の担当期間中に更新手続きや上級資格の認定を受けるための研修は、法人から受講料等の負担金を支給し、出張扱いとしています。しかし、該当する職を離れてから更新等の手続きをする場合の費用は自己負担になります。
資格を取得して、該当の職務に就いた場合は規定によって資格手当が支給されます。こうした資格取得のための出席負担金等の支援は上記の他に、社会福祉施設長資格認定講習課程、福祉用具専門員資格、認知症介護実践者研修、ユニットケア研修、看護師資格取得スクーリング等の取得支援の実績があります。
資格取得を目指す職員には、側面的な支援として職場が業務面の応援をして、時間外勤務等を考慮して業務を軽減する等の支援もしています。
給与体系又は給与表の導入 2015年度から新しい給与制度を導入しました。その目的は、個人の成績を「昇給・昇格・昇進・賞与」にきちんと反映するためです。このことで職員のみなさんの行動改革に期待しました。
・全職員の等級を原則1~8等級に位置づけ、等級ごとに職務の達成基準を明確にしています。
・初任給は学歴によって差があり、また上位職と下位の職位では等級が異なっています。等級別の昇給金額は違っており、職位によって昇給する金額の幅に差があります。
・等級別にその職位にふさわしい目標設定ができるよう上司と一緒に考え、設定した目標・職務への取組みの評価を重視し、成績の評価と処遇が連動して昇給・昇格する仕組みになっています。
・諸手当の主な項目は次のとおりです。
・勤務する事業所別に職務手当(10,000〜25,000円)を、資格手当(3,000円〜10,000円)が該当の業務を担当する場合には支給されます。この他、指定の職種には特別手当の支給があります。
・リーダー以上の役職者には役職手当が支給されます。
・このほかに、資格手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当等が規定により支給されます。
採用情報 大卒初任給月額
(個別手当を含まず)
200,700円
賞与月数 4.2か月
10年後のモデル賃金月額
(個別手当を含まず)
272,770円
説明 基本給は毎年度評価により次の号数幅で昇給(S評価6号、A評価5号、B評価4号給、C評価3号級、D評価2号給)します。
昇格は各等級別の評価と、別に定める基準年齢、経験年数に達した職員を対象にして一次査定で候補者を選考、その後面接審査を行い昇格者を決定します。表示したモデル賃金は採用された大卒者が、その後連続してA評価を受けて係長に昇格したとして設定したものです。
昇格は高卒、短大・専門、大卒の学歴別に基準の経験年数と年齢に違いがあります。
休日制度・労働時間縮減の取組 年間休日日数 110日
休日制度等の特色 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する職員に対して、有休とは別に予防接種や健康診断のために、一年度に子一人に対して5日、二人以上は10日以内の看護休暇の取得が可能、家族の介護及び世話をする職員にも同じ基準の日数が付与されます。
また、要介護状態の家族を介護する職員には、年間93日以内の介護休業の取得が可能です。
職員の福利厚生(独自制度) 以下の各種の給付金制度や親睦制度があります。
・法人から結婚祝い金1万円~5万円及び結婚に係る特別休暇7日、職員親睦会から祝い金10,000円
・職員親睦会から病気療養等で見舞金5,000円〜10,000円、退職餞別金10,000円〜30,000円、出産祝金5,000円
・職員が現職死亡の場合は、弔慰金10,000円と供花1基
・全職員に参加を呼びかけ、忘年会の開催及び参加費助成
・年度ごとに事業部門別の職員歓送迎会
・親睦ソフトバレーボール大会
・各種のサークル活動(現在10サークル活動)
・食事会親睦旅行補助制度

育児休業の取得実施 育児休業制度 あり
育児休暇取得者数
(過去3年間)
男性:0人、 女性:22 人

魅力ある職場づくりのための
自己点検ツールの実施状況等
実施年月 平成29年10月 (実施予定年月:0年0月)
具体的な実施状況 平成29年度に各事業所単位で自己点検を実施しました。この結果を受けて平成26年9月に1泊2日の泊まり込み研修を実施。この研修では、専任講師の指導を受けてグルーブワークでの意見交換を行い、職場の活性化と職場環境の改善のために管理的立場の職員及びその補佐的立場の職員が果たすべき役割について討議と発表を行いました。
事業への参加状況 福祉のお仕事(無料職業紹介事業)への事業所・求人の登録
福祉の就職総合フェア(福祉・介護職場の就職面談会を含む)への参加
人事・採用担当者向けセミナーなどへの参加
福祉職場の魅力自慢コンテスト(事業所編)への参加
地域公益活動の取組 地域交流:事業所祭りを開催し広く地域住民にも参加を呼びかけ受け入れています。また、全市的行事の尾道みなと祭りには、施設利用者の有志や専門学校生がコンテスト等へ参加、入賞するなど祭りの盛り上げに貢献しています。
ボランティアの受入:中学生による喫茶サービス、高齢者を対象にして書道クラブ有志による書道教室を毎月、この他幼稚園児との交流、軽音楽ボランティア等の受入れ、各施設の祭りでは出し物やラーメン等の食事提供など多種類のボランティアを受け入れています。
職場体験:毎年、各施設で中学生の職場体験者2~3名を5日間の日程で受入れています。
その他:地域貢献事業として、地域の高齢者を対象にした緊急連絡時の支援員を担当、この他に徘徊高齢者等を対象にした「おのみち見守りネットワーク事業」に加入し、行方不明者が発生した場合の捜索活動に参加して、早期の発見に協力しています。
その他の評価、認証・認定制度や宣言等の有無 広島県男性育児休業等促進宣言企業(平成22年)、イクメン企業同盟に加盟(平成24年)。また、イクボス事業に賛同しその取り組みについて内容を検討中。

広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会

構成団体一覧はこちら

事務局

〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2
社会福祉法人 広島県社会福祉協議会 広島県社会福祉人材育成センター アクセスマップ
http://www.fukushikaigo.net/
tel.082-254-3415
close
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩1分
広島バス 横川駅~紙屋町(県庁前)~大学病院(23号線)
広島バス 広島駅~旭町(26号線)
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩3分
広島バス 三篠2丁目・横川駅~仁保車庫(7号線)
電停「比治山橋」より徒歩5分
路面電車 広島駅~宇品(比治山下経由・5番線)
バス停「大学病院入口」より徒歩10分
広島バス 横川駅~大学病院(比治山トンネル経由23-1号線)
広電バス 広島駅~大学病院(5号線)
ページTOPへ