TOPページ > М&Cコラボレイション

株式会社М&Cコラボレイション
所在地 〒 731 - 0231
広島市安佐北区亀山一丁目17番16号
電話番号 (代表)082-819-3800
担当者 管理部門
河野順一
種別 高齢者入所(グループホームを含む)
職員数
53人
平均従事年数
5年
県内の事業所
ケアホーム ディア・レスト可部
所在地 〒 731-0231
広島市安佐北区亀山一丁目17-16
電話番号 082-819-3800
種別 高齢者入所(グループホームを含む)

企業理念 
【使命】
医療・福祉の連携と生活・介護の融合により、終の棲家として  
多様なニーズに応じたサービスを提供します。
【基本方針】
○私たちは、心のケアを大切にし、安らぎを提供します。
○私たちは、日常生活における楽しみ・生き甲斐・感動を
 共有する「その人らしい生活」の実現を目指します。
○私たちは、チームケアを心がけ、健康的な生活を
 サポートし安心と信頼をお届けします。
○私たちは、プライバシーを尊重し、快適な生活環境を
 創出いたします。

 明けましておめでとうございます。
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 平素は弊社グループの運営に、皆様方の深いご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
 昨年の七月の西日本豪雨災害は、多くの方が犠牲となり、広域に渡り甚大な被害を及ぼしました。急速な復旧を遂げてはおりますが、復旧をしていないJR在来線もあり、今もなお不便な生活を送られている方も多くいらっしゃいます。
新年に頂いたある方からの年賀状に「アメリカ文学では雨は
〝再生〟の象徴とされています。どうか〝再生〟の意味を込めた雨であったと思えるように祈りを込め、健全で安全な社会生活がゆきわたる事を望んでおります」と書かれておりました。私も早期の全ての再生を心から祈念いたします。
 毎年、十二月十二日の漢字の日に発表される今年の漢字に
「災」が選ばれました。西日本豪雨を始め、北海道や大阪の地震、相次いだ台風や記録的な猛暑などの自然災害によって多くの方が被災したことが挙げられておりました。
平成が終わり、新しい元号が始まる今年は、明るい漢字が選ばれる年になって欲しいと心から願っております。しかしながらこの数年来の温暖化による異常気象により、いつ自然災害が起こるかわかりません。従って、特に高齢者の方の施設でございますので、危機管理につきましては、グループを上げて、より一層強化をしていく所存でございます。
 また、昨年は、一昨年の十一月から新制度となった外国人技能実習制度により、グループ全体で八名の介護技能実習生をカンボジアから受入れをいたしました。
ちなみに人材難が深刻な分野を限定で、特定技能を創設する改正出入国管理法が国会で可決され、未だに詳細は不明なまま、今年の四月一日から施行されます。
 現場の負担軽減を第一の目的とし合理化を図るICT化による介護ソフトも、グループで協議や視察を重ね導入し、年明けより本格的に稼動を始めました。
 世界一の超高齢社会の日本においては二〇三〇年以降には団塊の世代の要介護者が急増すると予測され、
二〇四〇年には労働不足経済に突入し社会保障給付が増大し日本が破綻をすると言われております。
(二〇四〇年問題)介護事業所においても、これから外国人人材の雇用と負担軽減や職場環境の改善のための
ICTやIOT、AIの活用は、急務であり必要不可欠であるとあらためて感じております。
 今年の日本経済は、「世界経済の回復などを背景に、緩やかな景気拡大を続ける見通しである。しかし、トランプ政権の迷走、中国の過剰債務問題、英国EU離脱を受けた欧州の混乱、中東の原油高などの要因によるテールリスクに細心注意が必要である」と、ある専門家が昨年末に述べておりました。年明けに一時的に円が急騰し二〇一九年の日本経済はテールリスクの可能性を秘めた波乱
含みのスタートとなりました。
 今年の四月で弊社グループのケアホーム「ディア・レスト
可部」が十五周年を迎えます。これもひとえに関係者の皆様方
のお陰でございます。深謝申し上げます。
 今後、政策や制度がどのように変わろうとも、理想とする
企業像やビジョンや理念を常に原点回帰をし、経営者として
「使命感」と「必攻不守」の精神を持ち続け、「AS ONE
= 一致団結」でグループ職員一丸となり、利用者の皆様の
サービスの質の向上、質の高いかつ効率的な介護の提供を
目指して参る所存です。

 『「しょうがない」を漢字で書くと「笑がない」。「笑がない」
って諦めていたら笑いのない世の中になってしまう。でも
「やってみま笑!」って笑い、楽しみながら動いたら必ず笑いが
あふれる世の中になる。』

 皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
            
      ディア・レストグループ
              代表取締役社長 藤川 泰成

職 種 : 介護スタッフ
年 齢 : 38歳  
出身校 :  広島経済大学
資 格 : 介護福祉士・介護支援専門員


●志望動機 
ディア・レスト可部へ見学に来させて頂く機会があり
その際、入居者様やスタッフの表情がいつも、どんな場面でも笑顔で楽しく過ごされているのを拝見して、とても良い環境だなと実感し、
こういった職場で自分も働いてみたいと思い志望しました。

●この仕事をしていて良かったこと
ケアをさせて頂いている時に入居者様の笑顔を拝見できる事が嬉しく、介護士として日々の活力となっていますが、そういった日々のケアの中で自分と入居者様との間に深い信頼関係が築けているという事が実感できた時、この仕事をしていてとても良かったと思う瞬間です。

●この施設の良いところ
季節感を味わえる行事や、思考を凝らしたレクリエーション等、スタッフ皆が一致団結して取組んでおり、新しく入社した職員の方への研修や
キャリアアップの為の社内外研修も充実しており、介護未経験の方から中途採用者の方まで安心して働く環境が整っています。
自身のキャリアデザインにいち早く到達できるのも良いところです。


職 種 : 介護スタッフ
年 齢 : 25歳  
出身校 :  トリニティカレッジ 広島医療福祉専門学校
資 格 : 介護福祉士

●志望動機
 私は入居者様の身体的なケアはもちろん、心のケアもして行きたいという想いがあり、ディア・レスト可部の方針を見て魅力を感じたため、志望しました。

●この仕事をしていて良かったこと
 入社して1年経ちました! 入居者様との関わりの中で「ありがとう」など感謝の言葉を頂けることが多くとてもやりがいを感じています。

●この施設の良いところ
 様々な行事があり、入居者と共に楽しむことができます。また、介護技術やコミュニケーション、法律など介護に関する研修を多くやっており、自分自身のスキルアップが出来るところも魅力の一つです。

魅力ある職場宣言 宣言(取得)年月日 2017年02月21日
更新予定月 2019年02月
有効期限 2019年02月20日
宣言番号 MS00054
新規採用者の育成 新卒者には1か月集中研修を行い、その中で外部の一泊研修にも参加をしていただいています。
その後は3ヶ月毎のフォローアップ研修を行っています。
現場でのOJTを中心に指導をしていきます。PDCAによる目標管理、行動指針10か条をもとにした自己評価、面談を通し成長に繋げていきます。

新卒職員研修カリキュラム
①企業理念 ②行動指針10か条 ③ディズニーの7つの法則 ④施設長研修 ⑤コンプライアンス ⑥目標とビジョン ⑦介護職の理念 ⑧トランスファー ⑨食事介助 ⑩コミュニケーション ⑪排泄研修 ⑫看取り ⑬感染症 ⑭入浴介助研修 ⑮接遇マナー(外部一泊研修)⑯福祉用具の使用方法 ⑰レクリエーション⑱身体拘束・高齢者虐待

中途採用者にも先輩職員によるOJT、PDCAによる目標管理、行動指針10か条をもとにした自己評価、面談を実施し成長に繋げていきます。
目安として3か月後には夜勤が一人でできるように育てています。
新規入職者の採用実績及び定着状況 平成28年度:採用:10人、うち在籍:6人
平成29年度:採用:12人、うち在籍:7人
平成30年度:採用:16人、うち在籍:12人
直近3年平均の離職率 15%
キャリアパス制度の導入 資格等級制 (介護・事務職)
( 目的 )
資格等級制は、会社における職員の体系的な責任能力の序列を明確にすることにより、人事の基準を確立し、職員の能力・業績を適正に評価したうえで等しく昇格の機会を設け、人事管理の円滑な運営を図ることを目的とする。昇格及び降格は、資格等級制を基準に行う。

1等級(担当補助職)
①格別の熟練・判断を要しない業務、補助的、見習的な業務、補助、見習的な業務もしくは作業を行うことができる。
②業務の処理について、上司の指揮監督のもとに置かれながら、細部的指示を受けつつ正確迅速に行うことができる。

2等級(担当職)
①定型業務に関し、一定の手続き、手順、基準、規程に基づき、必要な知識・技能の基に自らの判断で処理することが出来る。
②特定の分担課業については、下級者への指示、援助ができ、また上級者の補助として熟慮を要しない業務の処理ができる。

3等級(指導職)
①介護(看護)職・事務職部門において、高度な判断を要しない業務処理方法の包括的指示を受け、的確に処理する能力を持ち、段取り、不測の事態への対応等を一定の裁量を持って行うことができる。
②日常定型業務又は比較的熟慮を要する業務について、下級者に対して的確に指示、援助ができる。また、上級者の補助として比較的熟慮を要する業務の処理ができる。

4等級(上級指導職)
①介護(看護)職、事務職部門において、業務処理方針並びに手続きの要点について指示を受け、的確に処理する能力を持ち、自己の創意と工夫、判断に基づいて業務の計画、調整、対人折衝ができる。
②ある程度の熟慮又は比較的高度な判断を要する業務について、相当数の部下を監督し、管理的、技術的な調整を行いつつ上級者を補佐することができる。

5等級(初級管理職)
①上長の策定した業務計画の指示を受けつつ、一定範囲の業務について、所属する課の運営業務の具体的活動方針を企画・立案し日常の業務遂行にあたり、その責任を負う事ができる。
②初級管理職として、高度で専門的な調査・研究、企画又は技術的業務を担当し、かなりの程度の熟慮・判断を要する業務を行うことができる。

6等級(中級管理職)
①課若しくはこれに相当する組織の長(中級管理職)として所管業務を担当し、高度な判断を要する政策的な事項については指示を受けるが、事務的、技術的な面において実質上の責任を負う事ができる。
②所属組織の方針・目標を受けて、他部署との調整を図りながら所属組織を指導監督し、重要課題に対する開発・改善・渉外を単独で行うことができる。

7等級(上級管理職)
①会社の基本政策に基づき経営計画・業務活動方針の企画・立案・執行しその責任を負い、会社運営の基本方針の策定に参画することができる。
②重要課題に対する政策や戦略の企画開発について、上級管理職として下級者を統率指示し、また経営層に対し的確な補佐・助言・上申ができる。
人材育成方針・研修等の実施状況
(主な研修名・内容など)
人材育成理念「人材を育てる人が真の人財」
人材育成方針「自分以上の人材を育てる」

研修  「等級別研修」「新人研修」「フォローアップ研修」「危機管理研修」「虐待・身体拘束防止研修」「コンプライアンス研修」「介護技術研修」「感染症研修」「経営層リーダー研修」 
平成28年度:研修合計35回、参加者合計750人
平成29年度:研修合計35回、参加者合計750人
平成30年度:研修合計35回、参加者合計750人
人材育成を目的とした面談の実施 全職員にPDCA用紙の記入。3ヶ月に一度の自己評価表の提出。幹部による職員の評価。
半期に一度PDCA用紙、自己評価表、評価表の3点を用いた面談を行い、目標管理、モチベーションアップに繋げている。
資格取得に対する支援 過去3年間の資格取得の支援を受けた人数:10人
支援内容:
介護職員初任者研修、実務者研修を受ける受講料を職員へ貸与。資格取得資金貸与規定による。
アセッサー取得、介護福祉士養成研修、認知症実践者研修、喀痰吸引取得の研修については全額会社負担。
介護支援専門員・介護福祉士の試験のための勉強会を社内で開催。
当施設内で別法人と提携し介護職員初任者研修、介護職員実務者研修が受講することができる。
またその際の費用は会社が8割以上負担をするので本人は少しの負担で受講することができる。
給与体系又は給与表の導入 資格手当
介護支援専門員 10,000円
社会福祉士 12,000円
介護福祉士 8,000~15,000円
介護職員実務者 3,000円
看護師      20,000円
准看護師      10,000円

職務手当
介護支援専門員 30,000
生活相談員 15,000
難易度・専門性が高いと認められる業務 10,000

資格等級手当 500~50,000

初任給基準(介護・事務) 
大卒 158,300~161,300
短大・専門卒 149,300~152,300

正看護師 174,300~
准看護師 164,300~

その後は「昇格・昇給賃金基準表」に基づき評価により毎年6月に定期昇給をする。

採用情報 大卒初任給月額
(個別手当を含まず)
180,000円~210,000円
賞与月数 3か月
10年後のモデル賃金月額
(個別手当を含まず)
260,000円~350,000円
説明 <職員と仕事レベルに応じた職能資格制度>:基本給+等級
5等級統括主任・・・34歳モデル319,150円
6等級次長クラス・・・40歳モデル371,450円
7等級部長クラス・・・46歳モデル444,750円
※資格手当・介護職員実務者3,000円 介護福祉士8,000円 介護支援専門員10,000円 社会福祉士12,000円
※介護福祉士は3年以上勤務で2000~7000円を加算
休日制度・労働時間縮減の取組 年間休日日数 108日
休日制度等の特色 以前は季節休が7日あり年間休日数は114日でしたが
多種多様な働き方に対応するために季節休を廃止し(産休育休制度の導入で小さいお子さんがいらっしゃる方で急遽休まれる方が多くなったため。
また時間や休日日の指定など条件付きで入社される方も多くなったため)、有給の消化率を上げる方向へとシフトチェンジした。
取りたい人は自由に取得し、仕事でしっかり成果を出したい人は自由意志で取得せずに頑張る。
ワークライフバランスの価値観は人それぞれなので偏らないような方針として有休取得率をあげる方向としました。
職員の福利厚生(独自制度) 夏バテ防止に全職員への高級ウナギ弁当の支給。カープの年間シート。職員用の水素水付のウォーターサーバー設置。
週一回職員への整体マッサージ全額会社負担。職員親族が施設へ入居する場合の親族割引制度。
社宅借り上げ制度。指定保育園の利用料半額会社負担。福利厚生企画チーム主導による(カラオケ、焼肉、ボーリング、BBQ)
育児休業の取得実施 育児休業制度 あり
育児休暇取得者数
(過去3年間)
男性:0人、 女性:0 人

魅力ある職場づくりのための
自己点検ツールの実施状況等
実施年月 平成0年0月 (実施予定年月:30年12月)
具体的な実施状況
事業への参加状況 福祉のお仕事(無料職業紹介事業)への事業所・求人の登録
福祉の就職総合フェア(福祉・介護職場の就職面談会を含む)への参加
人事・採用担当者向けセミナーなどへの参加
福祉職場の魅力自慢コンテスト(事業所編)への参加
その他 (介護の日フェスタ(お好み焼き出展))
地域公益活動の取組 可部中学校職場体験学習受け入れ 文教女子大学より実習生受け入れ 広島経済大学よりインターンシップ受け入れ
福祉キャリアセンター実務者研修の実習生受け入れ 並びに福祉キャリアセンターでの実務者研修の講師
毎月のコーヒー喫茶にボランティアで民生委員の受け入れ ボランティア(音楽療法、詩吟)
地域交流として毎年自治会主催の夏祭りにブース出展(らんちゅうすくい) 秋祭りに協賛 自治会の地域清掃参加。
いきいきサロンの講師 毎年8月に施設主催の地域住民参加型の夏祭り開催
その他の評価、認証・認定制度や宣言等の有無 若者応援宣言企業
仕事と家庭の両立支援

広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会

構成団体一覧はこちら

事務局

〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2
社会福祉法人 広島県社会福祉協議会 広島県社会福祉人材育成センター アクセスマップ
http://www.fukushikaigo.net/
tel.082-254-3415
close
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩1分
広島バス 横川駅~紙屋町(県庁前)~大学病院(23号線)
広島バス 広島駅~旭町(26号線)
バス停「皆実町1丁目」(産業会館前)より徒歩3分
広島バス 三篠2丁目・横川駅~仁保車庫(7号線)
電停「比治山橋」より徒歩5分
路面電車 広島駅~宇品(比治山下経由・5番線)
バス停「大学病院入口」より徒歩10分
広島バス 横川駅~大学病院(比治山トンネル経由23-1号線)
広電バス 広島駅~大学病院(5号線)
ページTOPへ